商品ライナップ

プロライン

PROLINE

より強度を求めるプロ(漁業者)へ。日本中のプロの間で好評を頂いているラインを商品化。やや硬質設計となっており、抜群にサバキが良いのが特徴です。このクラスでは直線・結節強度はもちろん、伸びを最小限に抑えました。号数バリエーションも豊富で、あらゆる釣りにご使用頂けます。

素 材
ナイロン道糸 詳しくはこちら
カ ラ ー
GRAY(グレー)
号数 2 3 4 5 6 7 8 10 12 14 16 18 20
LB. 10 14 16 20 25 30 35 40 45 50 55 60 70
1000m オープンプライス

 

号数 22 24 26 28 30 35 40 50 60 80 100 120 150
LB. 75 80 85 90 100 115 130 160 200 240 300 350 400
500m オープンプライス
素材比較表
ナイロン フロロカーボン PE
直線強度 - - ナイロンの約2.5倍
結節強度 対直線 70~80% 対直線 60~70% 対直線 約40%
初期伸度 高い 低い なし
比重 1.14 1.78 0.97
吸水性 あり なし なし
柔軟性 柔らかい 硬い -
耐摩耗性 表面が柔らかく、キズがつきやすい 表面が硬く、キズがつきにくい 摩擦熱に弱い
屈折率 1.53 1.42

-
特徴 フロロと比較すると柔らかく、扱いやすい。
道糸として巻いた時の扱いやすさは他の比ではない。またショックの吸収にも優れています。強度もフロロより強いが、吸水性があるため、水中での長期間の使用や耐久性ではフロロより劣ります。
耐摩耗と耐久性はナイロンより優位。また初期伸度が少ないため、感度は抜群。比重が1.78あるので、早く沈み、速攻できる。ハリスとしてはナイロンよりかたいため、結節強度は低いが、からみにくく、ちぢれにくい。道糸としては、風の強い時に糸フケが少なく優位。 直線強度が強く伸度もないため、たいへんおもしろい素材です。しかし、使用時には結び方に注意が必要。スレや摩擦熱に弱く、またキンクやもつれにも不便。ただし、使用方法を間違わないと色落ちはするが、耐久性は抜群。船釣りの道糸としては100%のシェアですが、他用途への転用が難しい。