商品ライナップ

渓匠フロロ

適度な硬さが糸絡みを抑え、より快適な操作性を可能としました。高比重(1.78)なので、仕掛けが素早く馴染みます。微かなアタリも逃さない高感度設計。表面が硬く、耐摩擦性能に優れます。
Flexible and easy-to-handle fluorocarbon; resistant to rasping against rockes; designed speciffically for trout.

カ ラ ー
CLEAR(クリア)
0.2 0.25 0.3 0.4 0.5 0.6 0.8 1
LB. 0.8 1 1.2 1.5 1.7 2 3 4
30m 1100 1100 1100 1100 1100 1100 1100 1100
素材比較表
ナイロン フロロカーボン PE
直線強度 - - ナイロンの約2.5倍
結節強度 対直線 70~80% 対直線 60~70% 対直線 約40%
初期伸度 高い 低い なし
比重 1.14 1.78 0.97
吸水性 あり なし なし
柔軟性 柔らかい 硬い -
耐摩耗性 表面が柔らかく、キズがつきやすい 表面が硬く、キズがつきにくい 摩擦熱に弱い
屈折率 1.53 1.42

-
特徴 フロロと比較すると柔らかく、扱いやすい。
道糸として巻いた時の扱いやすさは他の比ではない。またショックの吸収にも優れています。強度もフロロより強いが、吸水性があるため、水中での長期間の使用や耐久性ではフロロより劣ります。
耐摩耗と耐久性はナイロンより優位。また初期伸度が少ないため、感度は抜群。比重が1.78あるので、早く沈み、速攻できる。ハリスとしてはナイロンよりかたいため、結節強度は低いが、からみにくく、ちぢれにくい。道糸としては、風の強い時に糸フケが少なく優位。 直線強度が強く伸度もないため、たいへんおもしろい素材です。しかし、使用時には結び方に注意が必要。スレや摩擦熱に弱く、またキンクやもつれにも不便。ただし、使用方法を間違わないと色落ちはするが、耐久性は抜群。船釣りの道糸としては100%のシェアですが、他用途への転用が難しい。